忍者ブログ
[PR]
2017 / 10 / 23 ( Mon )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カテゴリー() | page top↑
♯9 Richie Kotzen
2012 / 09 / 02 ( Sun )

はい、どうも。皆様、やってまいりました!Kendoの勝手にギタリスト列伝♯9!!
お盆の間本当にお待たせしました・・・・・・・・・全く待っていませんね。すみません。

えぇ、気を取り直して、今回紹介するのは・・・リッチー・コッツェンです!!
色男ですねぇ。

だいぶブログの彩り方がわかってきました。

そんなことはさておいて、リッチーさんは1970年2月3日にアメリカはペンシルヴァニア州のレディングという町で生まれます。アメリカ人なので、節分は関係なさそうですww。

5歳からピアノを習い、6歳の頃にKISSのジーン・シモンズの口から火を吐くパフォーマンスに感激してエレクトリック・ギターを始めたという何ともアメリカらしいエピソードを持っています。

そんな彼の若かりし頃の曲をどうぞ。

B.FUNK/Richie Kotzen

・・・3rd辺りまでの動画が全然見つかりません(@@;)

というわけで、古いのはこれだけで。しかも動画じゃない(笑)

アメリカにはYngwie J.MalmsteenやPaul Gilbert等を排出したことで有名なシュラプネル・レコードというレーベルがあるのですが、リッチーもシュラプネル創始者であるマイク・ヴァーニーに発掘されてデビューとなるわけです。

シュラプネルといえば、ヘヴィ・メタル、ハード・ロック系の超絶速弾きギタリストレーベルなので、リッチーも1stの頃はそのようなクラシカルなインストゥルメンタルなギターをプレイしていたようですが、やはり彼の持ち味というか本質はロックは勿論R&B、ソウル、ファンク、カントリー、ジャズと多彩ななギタースタイルです。



High/Richie Kotzen

そうなんです!!彼はシンガーとしてもめっちゃイケるんですよ。
基本、最近の作品はギタボスタイルですね。

1993年に彼はあるバンドに加入します。
当時L.A Metalの第一線を突っ走っていたPOISONです。
私がなぜリッチーを知ったかというと、ポイズンに加入したからなのです。
私、ポイズンがとてもとても大好きなのです。

リッチー加入前のポイズンはアメリカン・ハード・ロック。パーティー・ロックの様な音楽性だったのですが、リッチーが加入することによりアダルティでムーディーななブルースやたまにゴスペルも入ったような音楽性へと変化します。


Body Talk/Poison


Stand/Poison

リッチーのほうがポイズンのヴォーカルよりも歌上手いんじゃねぇか!?て話なんですが(笑)
ポイズンてデビュー当時から演奏下手でプレスや同業者からよく叩かれていたバンドなので(^^;)

そんな彼もポイズンのドラマーの婚約者を寝取るという非常にロックンロールな理由により、異例の速さでバンドを去ることになります(**;)

その後ソロを経てMr.BIGに加入し解散後ソロワークを続け現在に至ります。

ガンダムが好きらしく、「哀 戦士・Z×R」というガンダムソングのコンピレーションアルバムも出しています。

The Winner/Richie Kotzen
えぇ、機動戦士ガンダム0083のシリーズが私個人的に好きなのでこの映像にしてみました。
原曲は聖戦士ダンバインや重戦機エルガイムの主題歌でも有名なMIQ(当時はMIO)さんという、ハスキーボイスな女性シンガーです

と、思ったらこのThe Winnerは「松原みき」さんの曲ですね(^_^;)

MIQさんの曲はMEN OF DESTINYでした(´ε`;)
・・・
・・・
・・・今、キモいと思ったやつ前へ出ろ(ー.ー♯)


えぇ、話は戻りまして。
全体的にエモーショナルな楽曲が多くテクニックは控えめなのですが、時折見せる超絶テクが素晴らしいです。あんまり出さないのは曲に重点をおいているからですね。
本人はフルピッキングの速弾きは苦手と言っていますが、十分上手いと思います。
でも、やっぱり素晴らしいのはレガートとスウィープですね。

彼のアルバム紹介の映像でちょこっとギターを弾いているシーンがあったのですが、アンプのヴォリュームが小さめだったとはいえ、彼の左手からレガートの生音がバチバチ聴こえてきたときは、やっべ!?左手超強ぇ!?と驚きを隠せませんでした。

さて、そんなリッチー・コッツェンさん、今後どんな素晴らしい楽曲を聴かせてくれるのでしょうか。
楽しみですね。

Mother Heads Family Reunion/Richie Kotzen
PR
カテゴリー(Kendohの勝手にギタリスト列伝♪) | コメント(2) | page top↑
本日は・・・ | ホーム | EffEXPO
コメント
--アメリカンスタイル!--

真っ白に光ったピカピカのメタルですね~
さすがKenちゃん、米国愛してますね~
K禅さんも自分もリズム隊2人は今回、米国帰りですよ~

R&Rなビート 刻みますっ(^^♪



もう一つ、2人の共通点ハー○ー!!

3拍子だろうが、8ビートだろうが、
そんなのはコマネチだぁ!

そりゃツービートだぁ!!

明日の練習楽しみだぁ!!!

It's a AMERICAN STYLE.
by: じょーしん * 2012/09/12 22:26 * [ 編集] | page top↑
--無題--

お帰りなさいませ~(^^)
Let's 爆音!!
by: Kendo * 2012/09/13 10:35 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿







トラックバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ